ウェイド・ボッグス

ウェイド・アンソニーボッグス(Wade Anthony Boggs, 1958年6月15日 - )は、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ出身の元プロ野球選手(三塁手)。

現役引退後、2000年に最後に所属したデビルレイズ在籍時の背番号「12」が永久欠番に指定された(ちなみに、デビルレイズで背番号12をつけたのはボッグスただ一人だけである。)。2001年は打撃コーチとしてデビルレイズに所属。1年間のみ務めた。

2005年に野球殿堂入りを果たした。その後、2015年12月に古巣レッドソックスボッグス在籍時の背番号「26」を永久欠番に指定することを発表した。

ブルックス・ロビンソンに次ぐ12年連続で三塁手としてオールスターゲーム出場を果たしている。他にはマイク・シュミットジョージ・ブレットも12回出場を果たしているが、シュミットの場合は最後の1年は一塁手としての出場であり、2人とも連続ではない。

 



ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ

工業英語能力検定

工業英語能力検定は、公益社団法人日本工業英語協会(Japan Society for Technical Communication、略称JSTC)が運営している日本における英語検定のひとつ。工業英検。文部科学省後援試験。

一般の英語検定(いわゆる英検やTOEIC等)と異なり、工業技術英語に特化した英語検定である。

工業英語とは、科学技術情報のコミュニケーションに必要な英語のことである。工業分野では一般の英語能力とは別に、受け手側の想像力により色々と複数の解釈できてしまうことがないように事実を正確・簡潔に伝える能力が求められる。日本工業英語協会ではこの基本的な能力を3C(Clear, Correct Concise)と定義し検定や教育プログラムの根底に据えている。
科学技術の研究に従事する技術者や研究者にとっては、学会や論文等での国際的な技術交流が不可欠であり、限られた頁数と図表でその技術について誤解のないように表現できる能力は重要になっている。このような文書を作成するためには一定のスタイルを学ぶことが必要であり、工業英語検定の受験に向けた学習を通して習得が可能である。
また、商品開発や生産に従事する技術者には、取扱説明書、仕様書、規格等を正確に表現し理解する能力が重要で、いずれにおいても一般的な英語能力に加えて専門用語や専門技術知識を充分に理解しておく必要がある。更に、グローバル化が進む現代では海外への工場移転により、生産現場でのコミュニケーション能力も求められる。第一線監督者にとっても工業英語の必要性が益々高くなっている。

工業英語は技術者、研究者が学ぶべき英語であることは前述のとおりだが、その応用範囲は工業分野のみならず産業界で幅広く応用が可能である。農業、鉱業、医療などの分野においても3Cの視点から表現力や読解力を獲得することが今後一層必要となるであろう。

 

 

 

英語保育園 大阪大阪 英語 保育園堀江 インターナショナルスクール 1歳堀江 英語 保育園

サイエンス・イベント (年少~年長 対象)



Science Event 2017.jpg
clubクラス紹介club
 (クラス名をクリックしていただくとクラスの詳細が表示されます♪)

<レギュラークラス>
・Kinder 1 (年少)クラス 

<英会話スクール>
・アフタースクール (年少~年長)
・サタデースクール (年少~年長)

 

大阪 インターナショナルスクール幼児 英語 大阪インターナショナルスクール 大阪 人気